くるま屋さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震雷火事親父

<<   作成日時 : 2008/02/16 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 怖いものの1つといっちゃ〜なんだけど、1つ目は母親

こんところ、なにもなくてもよく実家に顔を出している。
な〜んてことはないのだが、母親と夕食を食べたり、談話をすることが多くなった。

仕事が終わってからだから、なかなか早い時間には行くことができないのだが(^^;)
こういうことも必要なのかなとも思う今日この頃だが・・・・。
決まって最後は、お小言で終わる。うううう。来なきゃよかった。行かなきゃよかった
などと思うのだが。

なかなか素直になれないわたしは、
いまだにそんな母親は、なんとも大きな存在だ。恐れ多い・・・・・・・(笑)

恐れるといえば、本当に嫌いなものという言い方はおかしいのだが、
怖いものに・・・・電話がある。電話に出ることが大嫌いなのだ!
周りに人がいるときはいいのだが、一人でいるときや、夜の電話や、相手が
はっきりしない場合はぜ〜ったいに出ない。(100%ではないが^^;←たまに
出てしまい後悔することのほうが多い)

だから、家電話は、めったに電話に出ることはない。
ちっちゃなころに、といっても小学校高学年のころ夜中電話がなったことがある。

誰も出ないので、わたしが出ると、電話の向こうから変な声がするわけだ。
今考えれば、それ系のいたずら電話だったのだが・・・・。
これが、まだ純情だったわたしには(苦笑)恐ろしく怖くて。

それ以来、大の電話嫌い。(笑)。なにが出てくることやら
そうそう。0120のフリーダイヤルにも要注意。
勧誘の電話に長々と断るタイミングを計るだけでも疲れちゃう(笑)

もう1つ怖いものといえば・・・・高いところ。
スキーに出かけても、わたしはひっそりファミリーゲレンデでコソコソ
すべっているフリをするわけだ。

これも、学生時代に友人にいきなり赤倉のチャンピオンコースとやらに
連れて行かれたのがきっかけだ。
右も左も滑り方も転び方も、初心者バリバリであったわたしは、家が
ゴマ粒のように見え、風はびゅ〜びゅ〜と吹き上げている中、急に背中を
押され、滑り始めたときの恐怖は、今も思い出すだけで、手に汗、足にも冷や汗。
心臓バクバク。

観覧車なんてもんが世に存在することすら信じられない(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震雷火事親父 くるま屋さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる