くるま屋さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 一番好きな花

<<   作成日時 : 2008/02/07 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 昨年からある行事が続き、花束をいただくことが多かった。花束を活けては思う。いつまで、咲いていてくれるかな。


花束は、一番贅沢なそして切ない贈物だと思う。
その一方形ある贈物の「物」は、美しい思い出として残り、そしてときとして残酷な贈物だと思う。

花束用に切られた花は、すでに盛りをすぎているが懸命に咲き続ける。そしてその命は短い。
後には決して残らない。未練なく散ってしまう。その花を見て思い出そうにも現物は存在しない。残された人(花束をもらった人)は、すぐにその花のことを忘れる。

「物」が贈物であれば、いつまでもその「物」を眺めたり、使ったり、触ったりしてそのときの状況を思い出しながら、感慨にふけってみたりもできるであろう。そしていつまでも、その「物」を思い出される。その思い出は、美しいものであったり、悲しいものであったり・・・・・。どちらにせよ、捨てない限り、手元に残る。


どちらが、幸せなのだろうか。←唐突ですが・・・・



ふと、この世を終えるときのことを考えてしまうのが、花束をいただいたときだ(苦笑)。
与えられた命。どのように咲かせてゆくのか。どのように形にさせてゆくのか。

わたしは、どんな贈物としてこの世に生を受けたのか。
「物」のようになるのか、「花束」のようになるのか、どちらに進むのか。そんなことをふと、考えてしまった。
今夜はちょっとおセンチで、意味不明

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一番好きな花 くるま屋さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる