くるま屋さん

アクセスカウンタ

zoom RSS またもや・・・・

<<   作成日時 : 2007/10/14 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 またもや、今日も栗のお話。
煮すぎてしまった栗を今日は本格的に渋皮煮に。

湯がいた栗をひとつずつ、おっちらえっちらと鬼皮をむいていく。
これが大変な作業と思うかもしれないけれど、私的には、好きな作業。
黙々と、かた〜い皮をむいていくうちに、なんだか、楽しくなってくる(笑)

剥いた栗を、重曹とお水で栗のアク抜きをするのだが、これは重労働。
4回も栗を湯がく過程でアク抜きをして、、湯がいては、お湯を捨て、渋皮を残しながら、丁寧に、硬い線とか皮を剥いていく。

おかげで、親指の爪の中は、真っ黒^^;

この4回の過程のうちで、煮る時間が10〜15分ずつ。×4回=1時間。
というわけで、いきなり洗濯も、始めてしまったわたし(笑)

ふぅ。
やれやれ。これで砂糖を混ぜて〜・・・・・・と、思ったら、我が家には、充分な砂糖がない!

これは、大変ってなことで、あわててスーパーへ走る。

こんな時間でも、開いているお店があるっていうことは、頼もしい。

ついでに、アイスを買ってコ〜^^
スーパーに入り、人なんているのかしらぁと思いきや、意外に多くの人でにぎわっている。
弁当を買うサラリーマンらしき人、疲れた顔で、パンを買うOL、夜のお仕事をしている人たち、中にはこども連れで買い物をしている人。
これには、びっくりだ。

おっと。お砂糖お砂糖・・・・・と独り言のようにつぶやきながら、砂糖売り場へ。
おお〜〜〜ぉ。なんということ。
種類が多すぎてわからないぞぉ〜。
メーカーによって味なんか違うのかしらぁ〜。

お客さまのために作っているものだから、お味はそんなに変るもんじゃないわぁっと、
変な理由にもならないような理屈をつけて、レジへ急ぐ。
もちろん、アイスを片手に
なんて、時間を気にしながらダッシュで家に戻る。

グラニュー糖と、茶色いお砂糖(三温糖)で、じっくり煮る。これも結構面倒。
砂糖を3回ほどに分けて入れないと、栗が壊れちゃったり、味が良く染み込まなかったりするもんだから、たまったものじゃない。

最後の最後まで、ブランデーを香り付けに入れようか悩んだのだが。
こどもが食べることができないしなぁ。と思い、今日のところはやめといた。

甥っ子が、梅を甘く漬けたものを食べたときに、どうやらちょっぴりお酒が
入っていたらしく、でろ〜となり、暴言を吐いて、裸踊りを始めたことを思い出した

でも、今は、ちょっぴり後悔中。
ほんわり洋酒の香りが漂う渋皮煮は、おやつにもってこい。
まぁいいや。
マロングラッセーを作るときにでも、香り付けすればいいから。

今、余熱でふかしているところ。
明日の朝には、おばあちゃんから教わった渋皮煮ができあがるはずだ。
楽しみだなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
重曹は昔から重宝な万能材
重曹は昔から重宝な万能材としてどこの家庭でも使われてきました。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用されます。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。重曹の弱アルカリ成分は洗剤として効果を発揮し、柔軟剤やナチュラルな漂白剤としての効果もあり、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに殺菌効果... ...続きを見る
重曹の効果
2007/10/15 23:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
またもや・・・・ くるま屋さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる